キャンプ道具

驚き!soomloomから薪ストーブが販売開始【結論、高評価】

薪ストーブが欲しい

値段が高いし、どれを選べばいいか分からない

 

こんな悩みを解決します。

 

■soomloomから薪ストーブが登場しました。

驚き。薪ストーブはこんな価格にまでなるんですね😵soomloomの薪ストーブが25,000円とg-stoveの半額です。本体はg-stove、脚はテンマク風ですが、これから薪ストーブに挑戦したいなら買いです。お小遣いで手が届きそう🔥

 

この記事を読んでいる人に質問があります。薪ストーブを買うか、下記のことで悩んでいますか?どうでしょう。

 

  • 薪ストーブに挑戦したいけど扱えるか心配
  • 薪ストーブは高い、石油ストーブの方がお小遣いで買えるのでは?

 

このような状況で悩んでいるなら、きっと参考になるはず。結論から書きます。

 

結論、薪ストーブの扱いは簡単です。

薪ストーブの取り扱いは想像以上に簡単で、soomloomの薪ストーブならg-stoveより50%OFFで手に入ります。

 

 

上記の内容で解説していきます。

 

1.薪ストーブに挑戦したいけど扱えるか心配

薪ストーブの扱いは簡単です。薪ストーブ本体に煙突を7本繋ぐだけです。

  • 薪ストーブの組み立ては10分で設営完了
  • 薪ストーブを使うコツは3だけ

 

具体的に解説していきます。難易度は低いです。

 

薪ストーブの組み立ては10分で設営完了

薪ストーブの組み立ては10分で設営完了できます。難しくありません。なぜなら、煙突を7本を繋ぎ合わせて薪ストーブ本体に煙突を組み付けるだけだからです。

 

「いや、知りたいのはどうやって使うのかだ」

 

薪ストーブとテントをどうすれば安全に使えるのかを知りたいはず。過去に失敗した体験談でサーカスTCのファスナーが溶けたが参考になります。

 

しかし、薪ストーブの扱いは簡単です。次項にてコツを紹介していきます。

 

薪ストーブを使うコツは3つだけ

薪ストーブを使うコツは3つだけです。

  • 煙突が出せるテントなのか
  • 煙突ガードは必須
  • 薪の長さに注意、蓋が閉まらない

 

上記について解説していきます。

 

煙突が出せるテントなのか

煙突が出せるテントでないと薪ストーブは使えません。当たり前ですね。素材はポリコットンTC or ナイロンとなります。薪ストーブを入れるテントはポリコットンTC素材が多いです。

 

理由は火に強い難燃性生地だからです。私はサーカスTCワンティグリスのロックシールドで薪ストーブを使っています。共にポリコットンTC素材。煙突の出し方も分かるよう、動画版も載せていますので参考にして下さい。

 

煙突ガードは必須

煙突ガードは必須です。テント生地に高温になった薪ストーブの煙突が当たれば、ポリコットンTCでも溶けます。サーカスTCのファスナー交換費用は15,000円〜。実際の修理費用を紹介した記事はこちらです。

 

煙突ガードを使わず、テントが溶けて修理に出すなら始めに揃えてしまう方が安くつきます。

 

薪の長さに注意、蓋が閉まらない

薪の長さは30〜40cmでないと、薪ストーブの蓋がが閉まりません。蓋が閉まらないと、薪ストーブが高温になりすぎる。

 

ストーブファンって知っていますかね。冬のキャンプにストーブファンは当たり前の記事に記載していますが、ストーブファンは高温になり過ぎると壊れます。ファンが回転しなくなる。

 

薪ストーブの蓋が閉まらないと薪の消費が早い。蓋が閉まれば火力調節できるので、薪ストーブ本体に合わせた薪を選びましょう。g-stoveならプレミアム薪が30cmでおすすめです。

 

ここまでこの記事を読まれた人なら、薪ストーブを簡単に扱えるはずです。

 

2.薪ストーブは高い、石油ストーブの方がお小遣いで買えるのでは?

はい。薪ストーブは高いです。とは言え、soomloomの薪ストーブは25,000円、アルパカの石油ストーブは34,800円。薪ストーブが手に取りやすい価格になりました。下記にてsoomloomの薪ストーブを解説していきます。

 

  • soomloomの薪ストーブならお小遣いで手に入れる
  • 暖かさなら薪ストーブ【断言】
  • ユーザーの評価が高い

 

soomloomの薪ストーブならお小遣いで手に入る

soomloomの薪ストーブならお小遣い程度で手に入ります。価格は25,000円です。

 

これまでの薪ストーブと言えば、g-stoveは46,000円〜、テンマクは36,000円〜。soomloomから薪ストーブが登場したことで手に入れやすくなりました。soomloomの薪ストーブ25,000円は格安です。

 

暖かさなら薪ストーブ【断言】

暖かさなら石油ストーブより薪ストーブの方が暖かいです。トヨトミストーブやアルパカストーブは石油ストーブで、メリットは設営の必要がない。すぐに使うことができ、テント内で暖かく過ごせます。

 

しかし、薪ストーブの暖かさには敵いません。薪ストーブの方がテント内が暖かいと断言できます。

 

ユーザーの評価が高い

ユーザーの評価は星4.4★★★★と高評価。g-stoveの姿形ですが、しっかりした作りとなっている。薪ストーブに必要な道具も揃っているので、すぐに使うことができます。

 

3.soomloom薪ストーブまとめ

 

ここまでを一度まとめていきます。

 

  • 薪ストーブに挑戦したいけど扱えるか心配
  • 薪ストーブは高い、石油ストーブの方がお小遣いで買えるのでは?

 

薪ストーブの扱いは簡単で、設営は10分で完了できます。薪ストーブを扱う3つのコツを押さえるだけ。

 

煙突が出せるテントを選び、薪ストーブに煙突ガードを装着する。蓋の閉まる30〜40cmの薪を手に入れて火力調節する。

 

薪ストーブはなんとなく扱いが難しいのでは?と思っているなら、それは間違いです。テントを設営する方がよほど難しい、それくらい薪ストーブは簡単に扱えます。

 

soomloomから登場した薪ストーブは25,000円と格安。悩んでるうちに売り切れしまう。今が手に入れるチャンスです。

Amazonでさがす

 

お知らせです

モナコテブログではキャンプを中心とした記事を掲載しており、キャンプで使った道具のレビューをしています。

 

お時間があれば、ほかのキャンプ記事も覗いてみて下さい。

>モナコテのcamp blog←コチラから、宜しくお願いします。

結局、サーカスTCに"薪ストーブ"は使えるのか?体験談まとめ

続きを見る

【ワンティグリス】ポリコットンTCが4選登場!即完売テントもあり

続きを見る

【30,000円以下で買える!】実用的なキャンプ道具を徹底紹介!

続きを見る

今回は以上です。では、いいキャンプライフを!

-キャンプ道具
-

© 2022 monakote.blog Powered by AFFINGER5