キャンプ道具

うそ、知らないの!登山キャンプでLEDソーラーパフが便利な理由

キャンプや登山で使えるLEDライトが欲しい

でも、結局どれがいいのか分からない、、、

 

今回はこんな悩みに答えていきます。

 

アルプス登山でとても役に立ちました。

登山テン泊では、ソーラーパフが推し!
まー、好みだけど、キャリー・ザ・サンは電源がいらない。平日の天気のいい日に、洗濯物と一緒に干すだけでOK👍
6時間くらい干せば、12時間は点灯してくれる。どうせヘッドライトも持っていくので、テント内だけなら十分過ごせます😊推し!

 

動画版も公開しています

とても軽いし、ソーラーパネルなので晴れてさえいれば、どこでも充電できます。

 

 

上記の内容で解説していきます。

 

キャンプをされている方なら、1個はLEDライト持っていますよね。キャンプスタイルによって、LEDライトの形や大きさは変わってきます。また、キャンプをする場所によっても道具を変える必要が出てきます。

 

今回、紹介するLEDライトは登山テント泊向けになります。が、私は平地キャンプでもテント内の灯りとして使っています。

 

CARRY THE SUNのソーラーパフの最大の特徴は「ソーラーパネルで充電できる」ことです。USBケーブルがいらないし、電池もいらない。欲しいものは、太陽の光だけです。

 

無駄な部品が装飾されていないので、紙風船みたいに軽い。ECOに光を灯せるし、コンパクトでシュッとしたスタイリングは、登山のザックに吊るすだけで映えますね。

 

1.ソーラーパフを手にした理由

めちゃくちゃ種類があるLEDライトの中から、CARRY THE SUNのソーラーパフを手に入れました。

 

なぜなら、登山テン泊に特化したかったからです。

 

登山に使えるLEDライトはたくさんあります。【GOAL ZERO】・【LED LENSER ML4】あたりが人気のあるマイクロLEDライトかと。登山仲間も実際に使っているし、明るい&小さくて軽い。手に取る理由もわかります。

 

私が初めて登山テン泊に使ったLEDライトは、Amazonで購入したものです。コチラのタイプ↓

入門用に使っていました。今でも、平地キャンプで使っています。

 

しかし、人って欲がでるものでして、もっと登山向けでスタイリッシュな物が欲しくなるものです。

 

とはいえ、高価なものは手が出しにくい、、、

 

ネットを物色していると、「ソーラーパフ」が目に止まりました。

 

ザックにソーラーパフをぶら下げているハイカーを見たことないですか。ソーラーパネルで充電できるのです。

 

不安材料として、「ソーラーの充電だけじゃ不安だなぁ」と思ってますか。大丈夫です、その訳は後に紹介していきます。

 

充電が切れる不安なんかしなくてOKです。プレミア価格のLEDライトより、ソーラーパプのLEDライトがおすすめ。

 

2.登山テント泊やキャンプで使える

ソーラーパフは本当にキャンプで使えます。特に登山テン泊。平地でのソロキャンプにも打ってつけです。

 

なぜなら、コンパクトで軽量だからです。ザックや収納ケースのすきまにスッとはいるのがいい。ぼんやりテント内を照らす灯りでいいなら、ソーラーパフでこと足ります。

 

  • コンパクトで軽量
  • ぼんやりテント内を照らす

 

コンパクトで軽量

CARRY THE SUNのソーラーパフはめっちゃコンパクト。私が持っているソーラーパフのサイズはSです。コンパクトを意識した結果です。

 

Sサイズは、1辺が8.8cmのキューブ型でして、折りたたみの厚みが1.0cm・長さ17.0cmしかない。ザックのすきまや収納ケースのすきまにスッと入る。

 

ザックの外に、カナビラで吊るすこともできる。ただし、ソーラーパフのハンドル(持ち手)がちょっと頼りなく感じます。木に引っ掛けて落としても気づかないかもしれない。ここは、注意が必要ですね。

 

あと、重量はたったの57g。これだけ軽いと、落としても割れない・壊れない・転がるだけです、、、安心

 

ぼんやりテント内を照らす

ぼんやりテント内を照らしてくれるソーラーパフですが、小型テントなら問題なしの明るさ。

 

私は、発光色をウォームにしました。雰囲気的に決めたので、ホワイトが好きならどちらでもいい。調光ですが、LOWとHIGHがあります。ここは個人的な主観がはいりますが、どちらもほぼ同じ明るさです。

 

多少は変わりますが、それなら長く点灯できるようとLOWの設定で毎回使用しています。

いざという時は、ヘッドライトで対応している。テント内でゴソゴソできる灯りは、ソーラーパフで確保できます。

 

3.CARRY THE SUNソーラーパフのスペックと口コミ

 

ソーラーパフのスペック紹介です。

 

下記は、私が使用しているスモールタイプになります。ベルトカラーと発光色の組み合わせで、6種類もあるので、選んだあとは慎重に内容確認して下さい。

製品名 CARRY THE SUN
カラー・サイズ ホワイトベルト・スモール(梱包サイズ:18.8×9.2×2.0cm)
光源タイプ LEDライト(発光色:ウォーム)
重量 57g
材質 ポリエステル
スタイル ソーラー・充電式

 

商品の説明

ソーラー充電式、携帯型軽量LEDライト【CARRY THE SUN】(キャリー・ザ・サン)

ウォーム(暖色)、クール(白色)、レインボー(LED7色)の3タイプの発光色。サイズ展開はスモールとミディアムの2タイプ

 

エコなソーラー充電

  • 乾電池不要
  • 充電は直射日光に当てるだけ
  • 電気も使わないのでECO
  • ソーラー充電で節約・節電

軽量&コンパクト

  • 畳むと1.0cmの厚み
  • 軽くて軽量化

壊れにくい

  • 糸を織り込んだ丈夫なPET 素材
  • 耐UV糸を使用した丈夫な縫製
  • 防水防塵仕様 IP67 取得済
  • JIS 規格落下テスト実施

スモールサイズはソロキャンプに丁度いいし、ミディアムサイズは2~3人でも使える明るさです。どちらも、メインランタンにはなりませんが、テント内を明るく照らしてくれる、私の大事なキャンプ道具の1つです。

 

口コミ評価がいい

口コミ評価は星4.4★★★★と、ほとんどのユーザーが高評価されています。私も3年使用して十分に満足しています。

 

4.CARRY THE SUNソーラーパフまとめ

 

ここまでを一度まとめてみます。

  • ソーラーパフを手にした理由
  • 登山テン泊やキャンプで使える
  • CARRY THE SUNソーラーパフのスペック

 

CARRY THE SUN(キャリー・ザ・サン)のソーラーパフを手に入れてよかった。特に、登山テン泊は登山は軽さが正義です。なぜなら、荷物が軽いほど体力の消耗が少ないからです。

 

ちょっと想像してみてください。

 

10kgのザックを担いで山を登る人と、ペットボトル1本だけ持って山を登る人

 

どう考えてもペットボトル1本だけの方が楽に山を登れますよね。ちょっと極端すぎてスミマセン、、、ですが、軽さとはそういうことです。

 

「軽量コンパクトなLEDライトはどれがいいか分からない、、、」

 

なら、キャリー・ザ・サンのソーラーパフにすれば失敗しないでしょう。そこら辺の高価なLEDライトより、よっぽど安く手に入りますよ。

Amazonでさがす

 

最後に少し宣伝です

モナコテブログではキャンプを中心とした記事を掲載しており、キャンプで使った道具のレビューをしています。

 

お時間があれば、ほかのキャンプ記事も覗いて頂ければうれしいです。

>モナコテのcamp blogはコチラから、宜しくお願いします。

 

【30,000円以下で買える!】実用的なキャンプ道具を徹底紹介!

続きを見る

今回は以上です。では、いいキャンプライフを!

-キャンプ道具
-

© 2022 monakote.blog Powered by AFFINGER5