CAMP

こりゃ、お得な焚き火台!【結論】ピコグリルを80%オフで買う方法

ピコグリル398が気になる

欲しいけど高いしなぁ、、、

 

今回はこんな悩みに答えていきます。

 

✅こんな焚き火台を見つけました。

コピー商品のクオリティーが高すぎる。
キャンプ道具あるあるですが、人気があり実用的な商品はコピーされることがあります。
ピコグリル398がまさにそう。スピッツ付きで14,000円程で手に入れました。
今では2,400円で手に入ります。なんと80%オフですね。驚き😤

 

✅記事を読んでいる人に「質問」があります。下記の状況に当てはまりますか?どうでしょう。

  • キャンプは好きだが予算は抑えたい
  • オリジナルの商品でなくても機能が同じならOK

上記の内容に当てはまるなら、私と状況が似ているので、記事が参考になるはず。結論から書きます。

 

結論のまとめ:ピコグリル398のような商品を、80%オフで手に入れることが実現可能です。

 

 

上記の内容で解説していきます。

 

1.ピコグリルのような焚き火台が、本当に80%オフで買えるのか

 

はい。80%オフで買えます。しかし、オリジナルのピコグリル398ではありません。

  • ピコグリルのような焚き火台:2400円~
  • ピコグリル398:オリジナルは12800円~

 

ピコグリルのような焚き火台:2400円~

ピコグリルのような焚き火台が2400円で手にはいります。ネタばれするとコピー商品です。

 

結局それかよ!

 

たしかに、ピコグリル398が80%オフで手にはいるわけないですよね。しかし、ピコグリルのような焚き火台がAmazonで溢れているのも事実です。

  • お値段は2400円、手にとりやすい
  • オプションが付属している

 

お値段は2400円、手にとりやすい

 

お値段は2400円で、焚き火台として割と安いです。もっと安い焚き火台もあるけれど、「ピコグリルのような焚き火台」の最安値はこのあたりの価格ですね。

 

オプションが付属している

 

スピッツ(串・五徳)が2本付属しています。ピコグリル398なら、通常は追加オプションでした。スピッツが付属で2400円は破格でしかない。

 

ピコグリル398:オリジナルは12800円

ピコグリル398が発売された当時に購入し、3年間使い倒しています。私が愛用している理由。

  • 壊れないから
  • 軽量でコンパクト

 

壊れないから

ピコグリルを3年間ガシガシ使っていますが壊れません。

  1. フレームが曲がらない
  2. プレートが歪まない

なので、ずっと愛用しています。

 

軽量でコンパクト

ピコグリルは軽量でコンパクトなので、ギアコンテナのすきまに「スッ」と入ります。ザックに背中側にも入り、電車移動のキャンプに使える。

 

現在はスピッツ2本付属で12800円

現在は12800円税込み、スピッツも付属と改定されています。ピコグリル398の販売店の正規品は販売中です。

気になる方はどうぞ。怪しくありませんので。

 

2.機能やスペックは同じなのか

はい。ほぼ同じです。しかし、形状が微妙に違ったり、ロゴが入っていたりしています。

  • 構造と材質はほぼ同じ
  • 機能とスペックがほぼ同じなら、どちらを選択しますか
  • 口コミ評価は星4.1★★★★と高評価

 

構造と材質はほぼ同じ

ピコグリル398とコピー商品の構造と材質はほぼ同じ。

 

商品の比較は下記の通り。

製品名 ピコグリル398
カラー シルバー
サイズ 33.5×23.5×1.3cm(収納サイズ)

38.5×26×24.5cm(組み立てサイズ)

重量 489g
材質 ステンレス
付属品 フレーム・シェル・スピッツ×2本・専用袋
製品名 DOKICAMP
カラー シルバー
サイズ 30×22×1cm(収納サイズ)

40×22×26cm(組み立てサイズ)

重量 657g
材質 ステンレス
付属品 フレーム・シェル・スピッツ×2本・専用袋

 

焚き火台の重量差は168gでして、ピコグリル398の方が軽い。収納のA4サイズは同じです。

 

機能とスペックがほぼ同じなら、どちらを選択しますか

機能とスペックはほぼ同じです。大きな違いは価格で、ピコグリル398→12800円 DOKICAMP→2400円と、10400円の差は大きい。

 

とは言え、ユーザー次第です。本物思考ならピコグリル398のオリジナル。コスパ重視ならDOKICAMPの焚き火台。

 

口コミ評価は星4.1★★★★と高評価

ユーザーの口コミ評価は星4.1と高評価です。格安な焚火台ですが、ほとんどのユーザーが納得の商品だと思われているようですね。

 

3.80%オフでコスパがいい焚き火台まとめ

 

ここまでを一度まとめてみます。

  • ピコグリルのような焚き火台が、本当に80%オフで買えるのか
  • 機能とスペックは同じなのか

 

ピコグリルのような焚き火台は、オリジナルより80%オフで買えます。しかも、機能とスペックまでほぼ同じ。

 

ちょっとの違いはあるけれど、12800円 or 2400円、、、どうでしょう、あなたはどちらを選びますか。

ほぼ同じなら、80%オフで買えるDOKICAMPの焚き火台がおすすめです。

 

余った予算は、欲しいキャンプ道具を購入できますね。

 

お知らせです

モナコテブログではキャンプを中心とした記事を掲載しており、キャンプで使った道具のレビューをしています。

 

お時間があれば、ほかのキャンプ記事も覗いてみて下さい

>モナコテのcamp blogはコチラから、宜しくお願いします。

 

【30,000円以下で買える!】実用的なキャンプ道具を徹底紹介!

続きを見る

今回は以上です。では、いいキャンプライフを!

-CAMP
-

© 2022 monakote.blog Powered by AFFINGER5