キャンプ道具

【裏ワザ】Alpineポップアップシェルターテントは設営が簡単すぎる

まずはキャンプを始めたい

簡単に立てれるテントないかなぁ

 

今回はこんな悩みに答えていきます。

 

どんなテントがあるのか分からないし、いきなり50,000円もするテントを買うには勇気がいる。

 

その通りです。

 

それなら、こんなテントはどうでしょう。

 

Alpine DESIGNポップアップシェルターテントⅡなら1万円ちょいでテントが手に入る。暑い季節はフルメッシュになり、寒い季節はテントの中に入れてカンガルースタイルにも使える。

 

お値段以上とはこの事です。

 

上記の内容で解説していきます。

 

キャンプ歴7年の僕は1年中キャンプをしています。

1年から3年まではファミリーキャンプ

4年から7年までソロキャンプ←今はココです

 

Alpineポップアップシェルターを紹介していきます。

 

1.Alpineポップアップシェルターの設営がヤバい

出典:スポーツオーソリティ

Alpineポップアップシェルターの設営はヤバいくらい簡単!

 

収納ケースから出して開けばメッシュテントが現れる。たったの1秒です。

 

骨組みをセットしてメッシュインナーを吊し、アウターフライを被せペグで固定するだけ。

 

とりあえずMyテントでキャンプデビューするなら、アルパインのポップアップシェルターを選択すれば間違いないでしょう。

 

ベテランキャンパーにも持ってこいなヤツ!暑い季節はタープ泊で風通し抜群。寒い季節はテントにイン、カンガルースタイルに早変わり。

 

使い方のバリエーションが選べ、車にヒョイっと入れておけば遊べるテントとして使えますよ。

 

2.キャンプ場に着いたら10分でスタンバイOK

出典:スポーツオーソリティ

キャンプ場に着いたら10分でスタンバイOKです。キャンパーのほとんどがテント設営が始まる。

 

「いや、タープだろ!」って方にはスミマセン、、、

 

がしかし、テントから立て始めるってキャンパーが多いはず。Alpineポップアップシェルターなら10分で設営完了。タープやキャンプギアを並べても30分あれば全ての準備が整う。

 

2カ所のベンチレーションで風通しも確保できます。インナーは別売りのコットに接続可能、快適な睡眠も確保できます。

 

この手軽さなら、今からキャンプを始めたい方もハードルが下がるのではないでしょうか。キャンプを余り難しく考える必要はありません。とにかく、雰囲気を楽しみましょう。

 

3.フルメッシュで虫を徹底防御!

出典:スポーツオーソリティ

フルメッシュで虫を徹底防御できる。

 

春から秋にかけては虫も活発に動きます。テントで横になっている時に、蚊に刺されて痒い思いをする事もある。Alpineポップアップシェルターはフルメッシュになる。

 

外でありながら、虫を徹底防御する事でスヤスヤと昼寝&就寝できる。コットの上にメッシュシェルターを乗せれば、ほぼ自宅のベッドと同じレベルかもです。

 

とにかく、快眠に虫は禁物!Alpineポップアップシェルターなら虫を徹底防御することができますよ。

 

4.まとめ

出典:スポーツオーソリティ

ここまでをまとめてみます。

  • Alpineポップアップシェルターの設営がヤバい
  • キャンプ場についたら10分でスタンバイOK
  • フルメッシュで虫を徹底防御

 

Alpineポップアップシェルターのスペック

Alpineポップアップシェルターのスペックを紹介します。

・使用サイズ:約253×203×80(h)cm
・インナーサイズ:約236×78×80(h)cm
・収納サイズ:約68×68×10cm
・重量:約2.6kg
・耐水圧:1,500mm
・UVカット:紫外線遮へい率90%以上
・付属品:ペグ12本、ロープ2本、収納ケース
・ハンマーは別売り

 

横の長さが236cmもあるので、頭や足がインナーメッシュに当たることはほぼ無い。ほとんどの方がポップアップシェルターにスッポリとはいるはず。

 

ポップアップ式でありながら、移住空間が快適なテント。このテント1つあれば、オールシーズンで使い回すことができるだろう。

 

外寝が気持ちいい季節にゴロンと気持ちよく寝転がりたいなら、Alpineポップアップシェルターを選択するしかないでしょう。

Amazonでさがす

 

跳ね上げポールがあればさらに快適

Alpineポップアップシェルターのサイトパネルを跳ね上げて木陰やや突然の雨でも視界の確保するにはサブポールが必要となります。

 

DODのタープポールなら1,000円ちょいなので1セット持っていればいろいろ使えます。

【DODタープポール】DDタープでマンタフライ張りやアレンジ方法を紹介

続きを見る

 

贅沢な昼寝をしたいならコットは必須

贅沢な昼寝をしたいならコットは必須です。地面の凸凹がきになるかも、、、そんな方にコットはどうでしょう。

 

高級ベッドとまではいかないが、気持ちよく寝るならコットはオススメです。きしみ音が低減されているコットは寝返りを打ってもギシギシなりにくい。

 

私がキャンプで2年も使っているコットの紹介記事です。いまでも壊れることなく使っています。

HawkZingキャンプコットのスペックとサービスは間違いなく買いの理由

続きを見る

 

※ここで少し宣伝です

モナコテブログではキャンプを中心とした記事を掲載しており、キャンプで使った道具の感想も記事にしています。

>>モナコテのcamp blogはコチラ

ぜひ、ほかのキャンプ記事も覗いてみて下さい。

【最新版】キャンプ道具をカテゴリー別に紹介!キャンプロードマップ

続きを見る

今回は以上です。では、いいキャンプライフを!

-キャンプ道具

© 2021 monakote.blog Powered by AFFINGER5