キャンプ道具

【徹底レビュー】バンドックソロベースEXは冬幕として使えないのか

パップテントが欲しいなぁ

バンドックのソロベースEXってどうなの?

 

今回はこんな疑問に答えていきます。

 

バンドック ソロベースEX
今更ですが使ってみました。ソロキャンプにちょうどいい。スカートとベンチレーターが付いている。ポリコットンなのもストーブを使いのには有り。ロースタイルなソロキャンプで活躍する幕ですね。もっと早く買えば良かったなぁ😊

 

バンドックのソロベースEXはパップテント。ソロキャンプで使われています。サイズもちょうど1人用。

 

冬幕として使えるのかも気になっていました。

 

ついにバンドックソロベースEXを手に入れましたので紹介していきます。

 

 

上記の内容で解説していきます。

 

1.バンドックソロベースEXについて

バンドックのソロベースEXはソロキャンプで使うのがベスト。

 

テントサイズが190 x 360 x 110 cm; 5.2 Kgと2人用として使うには小さい。パップテントなのでフォルムは三角形で、思った以上に狭く感じた。

 

しかし、おすすめポイントもある。テントの材質がポリコットンで難燃生地。冬にはテント内にストーブを入れることが可能。

 

テント高が低いためロースタイルなキャンプになるが、必要な道具を身の回りに固めれば、もはや動く必要がないほど。

 

テントにはスカートが付いているので4シーズン使える点がいい。メッシュインナーも付属しているので、これからソロキャンプを始めたい人はチェックです。

>>バンドック公式ホームページはコチラ

 

2.ソロベースEXを設営してみた

ソロベースEXを設営してみました。初めて設営しましたが20分くらい。慣れれば10分で設営完了できそうです。

 

必要な道具は全て揃っているので、あとはハンマーを用意するのみ。

 

見ておくべき動画があります

バンドックソロベースEXの設営方法ですが、動画の方が分かりやすいかもです。
チキューギさんのYouTubeが丁寧で分かりやすい。

 

テントを立てたことのある人は感覚的に立てれると思う。詳しくは動画にてご参照下さい。

 

ソロベースEXにはサイドウォールとスカートが付いている。

 

サイドウォールはテント内で過ごす目隠しになるし、スカートは冬の隙間風を軽減してくれる。

 

ソロベースEXの前に陣幕を設営するのもカッコよくてありかも。

 

バンドックソロベースEXはこれからソロキャンプを始めたい人にも、ベテランキャンパーにも遊べるテントであることは間違いないでしょう。

 

3.ソロベースEXは冬幕として使えるのか

バンドックソロベースEXは冬幕に使えるテントです。

 

スカートが付いているので、寒い隙間風が軽減される。テントはポリコットンの難燃生地なのでストーブも入れやすい。

 

ベンチレーターの穴場は薪ストーブの煙突を出すものではない。けれど、ベージュ生地の部分を切り抜いて薪ストーブの煙突をだせますよ。切り抜くことに、ちょっと勇気はいりますが。

 

冬は虫がいなくなる。インナーメッシュをとりはずせるので、テント内が広く使えます。

 

二股ポールを使えばデッドスペースもなくなるので、よりストーブを設置しやすい。

BUNDOK(バンドック) ソロベース用フタマタ BD-79

ソロテントなので、ストーブの熱でテント内が暖まるのも早いですよ。

 

結論、冬幕として使えます。ロースタイルなキャンプを好まれる人はあり。これからキャンプを始めたい人にもあり。

 

ちょっと前までは売り切れていたけれど、今ならAmazonで販売しています。ぜひ覗いてみてください。

created by Rinker
¥24,800 (2021/10/19 09:04:23時点 楽天市場調べ-詳細)

 

4.バンドックソロベースEXまとめ

ここまでを一度まとめてみます。

 

  • バンドックソロベースEXについて
  • ソロベースEXを設営してみた
  • ソロベースEXは冬幕として使えるのか

 

バンドックのソロベースEXはソロキャンプに使えるし、見た目にもオシャレ。流行りのパップテントを検討するなら、ソロベースEXを候補に入れるべきです。

 

ポリエステルの生地は冬になると結露が凄い。つまり、乾きにくい。しかし、ポリコットンは結露で濡れても乾きが早い。

 

太陽の日が当たれば1時間くらいで乾燥していきます。便利な水切りワイパーを使うとさらに早く乾燥しますよ。

 

ポリエステルのパップテントを検討するならポリコットン推し。ポリエステルは加水分解やベタつきになりやすい。

 

ポリコットンは乾燥させカビさえ回避できればOK。サイズ的にも現地ではなく、自宅のベランダで干すことができるサイズ。

 

下手に安いパップテントを買うならバンドックソロベースEXを手に取ってみてはどうだろうか。

Amazonでさがす

 

※ここで少し宣伝です

モナコテブログではキャンプを中心とした記事を掲載しており、キャンプで使った道具の感想も記事にしています。

>>モナコテのcamp blogはコチラ

ぜひ、ほかのキャンプ記事も覗いてみて下さい。

【最新版】キャンプ道具をカテゴリー別に紹介!キャンプロードマップ

続きを見る

今回は以上です。では、いいキャンプライフを!

-キャンプ道具

© 2021 monakote.blog Powered by AFFINGER5