キャンプ道具

【レビュー】ポストジェネラルのハングランプ タイプ2が明るい理由を徹底解説

キャンプってライトがいくつあってもいいよね

なんかお洒落なランプないなかぁ

 

今回はこんな悩みに答えていきます。

これは雰囲気よくていい。
ポストジェネラルのシェードランプはテント内を照らすには十分な明るさです。
光量は50ルーメンと光が強すぎずコードで高さ調整できる。
カラーは3色ありますが、カーキーを使っています。

 

キャンプっていくつライトがあっても助かる。暗い中キャンプ道具を探すときに見えにくいとなにかと不便。

 

見つからないし

まーいっか、、、

 

なんて経験ないですか。かと言って、移動するたびにライトを手に持つのも正直面倒だ。

 

GO OUT WEBにも掲載されたポストジェネラル

>>GO OUT WEB掲載記事はコチラ

 

テントの中をゆるく照らすイケてる「ポストジェネラル」のシェードランプHUNG LAMP TYPE2を紹介していきます。

 

 

上記の内容で解説していきます。

 

1.キャンプでポストジェネラルを使ってみた

キャンプでポストジェネラルHUNG LAMPTYPE2を使ってみました。印象としては「お洒落カッコいい」です。

 

軽くて持ちはこべるし、ベージュのカラーがキャンプに馴染む。

 

夜になりテントの中で照らすと思い通りの雰囲気。シェードがついているので、光が下に集まり手元の作業がとても見やすい。

 

HUNG LAMP TYPE2はアウトドアシーンを想定した生活防水仕様なので外でも使える。

 

ポリカーボネート製LED電球は落としても割れない安全仕様でストレフリー。しかもこの見た目なので人気がでない訳がない。

 

2.ポストジェネラルの使い方

使い方ってほどでもありませんが、注意点はあります。

 

デザインが良くカッコいい、紐を引っ張りスイッチオンで光らすことができます。

 

紐はハンガーやループに吊るせるので、だいたいの箇所に設置できる。単4電池3本仕様な所も使い勝手がよいが、個人的にはUSB充電タイプならなお良しと思う。

 

まー、いろいろ理由があり電池仕様になったのでしょうね。

 

ココで注意点!

紐を引くときは真っ直ぐ上に引っ張る

 

私のミスですが、コードの付け根部分が外れてしまいました。見ためには分からないけど、1回目の使用時に壊してしまった、、、

 

スイッチのオン/オフ時にはコードの引く向きに注意です。

 

3.HUNG LAMP TYPE2のシェードに効果あり

HUNG LAMP TYPE2はシェードが付いている。

 

シェードがあると光が上に逃げず下に集まり、より明るくなりテント内での作業がしやすい。

 

50ルーメンでも数値以上に明るく見える。テント内はコレ1つあれば十分ではないでしょうか。ちなみにテントはサーカスTCの場合です。

 

Goal ZeroのLEDライトにもシェードが販売されているようにシェードの効果はありますよ。

 

 

4.ポストジェネラルまとめ

ここまでを一度まとめてみます。

 

  • キャンプでポストジェネラルを使ってみた
  • ポストジェネラルの使い方
  • HUNG LAMP TYPE2のシェードに効果あり

 

ポストジェネラルのHUNG LAMP TYPE2をキャンプで使って感じたことは「コレは有り」です。

 

割れにくい素材で作られておりアースカラーもお洒落。映える。50ルーメンの光量にもかかわらずシェードの効果により明るい。

 

電球は暖色の灯で優しい雰囲気になる。

 

カラー展開は4色で、ベージュ、ブラック、ホワイト、カーキーとどのカラーもシュッとしています。

 

「とりあえず灯があればいい」と用意したライトから、ポストジェネラルのHUNG LAMP TYPE2のランプにしてみてはどうだろうか。

Amazonでさがす

 

※ここで少し宣伝です

モナコテブログではキャンプを中心とした記事を掲載しており、キャンプで使った道具の感想も記事にしています。

>>モナコテのcamp blogはコチラ

ぜひ、ほかのキャンプ記事も覗いてみて下さい。

【保存版】キャンプロードマップ!コレを見ればキャンプでつかえる道具が見つかる!

続きを見る

今回は以上です。では、いいキャンプライフを!

-キャンプ道具

© 2021 monakote.blog Powered by AFFINGER5