キャンプ道具

【イスカ クーラーバック】保冷力抜群!キャンプで使ったレビュー

小さいクーラーバックが欲しいなぁ

ちょっと出かけるときにも使えたら、、、

 

今回はこんな悩みに答えいきます。

 

 

上記の内容で解説していきます。

 

キャンプ歴7年の僕は1年中キャンプをしています。

1年から3年まではファミリーキャンプ

4年から7年までソロキャンプ←今はココです

 

日差しの暑い季節、キンキンに冷えた缶ビールをプシュ!ゴクゴクと飲むひと口がたまらなくウマイ!

 

この爽快感を登山でも味わいたく、イスカのクーラーバックを手にしました。

 

飲み物や食材の保冷を9時間キープできたイスカ クーラーバックを紹介していきます。

>>イスカホームページはコチラ

 

1.クーラーバックは小さな冷蔵庫

 

クーラーバックは小さな冷蔵庫。

 

保冷剤を入れれば半日くらい冷んやりをキープできる。飲み物からちょっとした食材まで収納可能です。

 

日差しの暑い季節、車で走ること2時間、、、出発前はキンキンに冷えたドリンクホルダーの飲み物がぬるっ!なんて経験ないですかね。

 

飲みきれないが、余るのもったいない

 

クーラーバックに保冷剤を入れて持ち運べば、いつでも冷たい麦茶が頂けます。

 

2.イスカのクーラーバックを登山で使用

イスカのクーラーバックを登山で使用。サイズはLを選択。350ml缶が6本入ります。

 

朝8時にパッキングし登山へ出発し、山頂に到着したのが12時頃。出発から4時間経過していますが、ビールはキンキンの冷たさをキープしたまま。

 

夕方17時、山飯の準備にとりかかります。冷凍してきた牛肉が丁度いい解凍具合。残りのビールもまだ冷えており、山頂で最高のBBQを楽しむことができました。

 

サイズはLなので、1泊分の飲み物を持っていくなら十分かと。私は缶ビール多めですが、生食材をたっぷり持ち運びたい人にもLサイズを推進します。

 

3.イスカ クーラーバックの保冷力

イスカ クーラーバックの保冷力は効果あり。

 

登山へ向かう直前にクーラーバックへ飲み物と食材を詰め込み、夕方に山飯を食べるまで9時間、イスカのクーラーバックは缶ビールと食材をみごとに保冷してくれた。

 

ってか、期待以上でした。

 

冷凍していた牛肉も、夕方には解凍されたナイスな食べ頃状態!クーラーバックを使えば、食材を痛めることなく持ち運ぶことができます。

 

4.キャンプやレジャーに使える

 

クーラーバックはキャンプやレジャーに使える。

 

調味料ケースとして使える

キャンプには調味料ケースとしても使えます。

 

キャンプにはクーラーボックスを使うので、小さなクーラーバックは保冷する以外で使います。例えば、調味料ケースに使ったりとか。

 

調味料って小瓶に入ってるからテーブルが散らかりませんか?クーラーバックに調味料をまとめておけば片手でをサッと出せる。なかなか便利です。

 

ランチボックスケースとして使える

ランチボックスケースとして使える。

 

ランチボックスと水筒が入ります。イスカのクーラーバックLサイズなら350ml缶が6本入る。ランチボックスを入れるには十分な大きさ。職場に持って行くなら保冷剤を入れれば夏場でも食材が痛みにくい。

 

イスカ(ISUKA) コンパクト クーラー バッグ L グレー 341822
こんな使い方もできるんです

 

5.まとめ

ここまでをまとめてみます。

 

  • クーラーバックは小さな冷蔵庫
  • イスカのクーラーバックを登山で使用
  • イスカ クーラーバックの保冷力
  • キャンプやレジャーに使える

 

上記の内容で紹介してきました。

 

イスカのクーラーバックは登山で使い、保冷時間は9時間たっても中は冷んやり。保冷効果は「あり」です。

 

また、小さいながらも収納ケースやランチボックスケースとしても使える。

 

そこらへんのペラペラなクーラーバックを買うなら、イスカのクーラーバックで間違いありません。手にとれば分かりますので。

Amazonでさがす

 

※ここで少し宣伝です

モナコテブログではキャンプを中心とした記事を掲載しており、キャンプで使った道具の感想も記事にしています。

>>モナコテキャンプブログはコチラ

ぜひ、ほかのキャンプ記事も覗いてみて下さい。

【保存版】キャンプロードマップ!コレを見ればキャンプでつかえる道具が見つかる!

続きを見る

今回は以上です。では、いいキャンプライフを!

-キャンプ道具

© 2021 monakote.blog Powered by AFFINGER5