キャンプ道具

【レビュー】ソロキャンプ焼肉はブッシュクラフトの焚き火台がおすすめ

ソロキャンプでちょっとだけ焼肉を食べたい

サッと準備ができる焚き火台ないかなぁ

 

今回はこんな悩みに答えていきます。

 

ソロキャンプでちょっとだけ焼肉をしたいならブッシュクラフトの焚き火台が使いやすい。

 

ブッシュクラフトの焚き火台は手の平サイズで組み立てがとても簡単だし楽チンです。

 

今回は焚き火と言うよりも、炭を入れてBBQをする観点なのであしからず。

 

とはいえ、しっかりと木の枝を使って焚き火もできますのでオールマイティーな焚き火台となっています。

 

 

上記の内容で解説していきます。

 

1.ブッシュクラフト焚き火台で卓上焼肉

キャンプでちょっとだけ焼肉をしたいなら、ブッシュクラフト焚き火台が使いやすい。

 

ブッシュクラフト焚き火台なら、灰受けのトレーの上にセットするだけ。1分もかからず組み立てが簡単でスピーディーに準備が完了します。

 

小さなBBQグリルと言っても地面にセットするほどの大きさのコンロがほとんどで、テーブルに置くにはちょいでかくないですかね。

 

ブッシュクラフト焚き火台はコンパクトなサイズ。卓上の端に置けるため、テーブルでの作業でも邪魔にならない。

 

それどころか、なんかカッコイイ。キャンプという限られたテーブルのスペースに見事にマッチしている。

 

BBQコンロをだして足を付け、3kgもの炭に火をつける。なんて、大掛かりな準備はいりません。

 

ソロキャンプやデュオキャンプで卓上焼肉なんてどうでしょうか。

 

2.お一人様焼肉にちょうどいいサイズ

ブッシュクラフトの焚き火台はお一人様焼肉にちょうどいいサイズとなっている。

 

始めは焚き火料理がやりたくてブッシュクラフト焚き火台を手に入れましたが、近頃はもっぱら焼肉を楽しんでいます。

 

ってか、せっかくキャンプに来たらなら煙や匂いを気にせず焼肉が食べたい。

 

炭は5個くらい入れればOKで、炭に火がはいれば肉を焼くだけ。2枚ずつ焼きビールで流し込む。うまい。

 

肉は2枚しか乗らないサイズだけど、ゆっくりとしたペースで焼肉を堪能できるのです。

 

キャンプ飯をちょっとずついろいろ食べたい。簡単に設営できるブッシュクラフト焚き火台でお一人様焼肉をメニューに追加するのもあり。

 

ソロキャンプなら肉は200gで足りないぐらいがいい。ほかのキャンプ飯も味わえますので。

 

3.ブッシュクラフト焚き火台スペック

出典:bushcraft-essentials

商品寸法 組み立て時:12.5 x 12.5 x 19 cm
収納時:12.5 x 19 x 1 cm
重量   775g
製造国  ドイツ

 

Bushcraft Essentials XL

Bushcraft EssentialsのXLを使っていますが、使い勝手のいいサイズだと思う。

 

材質はステンレス製 or チタン製があり、私はステンレス製を使っています。

 

理由として、キャンプは車での移動が多いのでチタン製に拘る必要がなかったしお値段が高価だから。

 

ステンレス製を使って20回程度ですが、フレームが歪んだりすることなく使えている。

 

使い込むほど、ステンレスが焼けて渋い風貌にもなってきている点もお気に入りなポイントです。

 

専用ケースは手の平サイズ

収納は手の平サイズでとてもコンパクトになります。

 

薄さは専用ケースにいれて15mmくらい。バックの隙間にスッと入るので場所を取りません。ブッシュクラフト焚き火台は持ち運びにとても便利。

 

小さな焚き火台はミニマムキャンプの味方ですね。

 

4.ブッシュクラフト焚き火台まとめ

ここまでを一度まとめてみます。

 

  • ブッシュクラフト焚き火台で卓上焼肉
  • お一人様焼肉にちょうどいいサイズ
  • ブッシュクラフト焚き火台スペック

 

ブッシュクラフトの焚き火台を使い始めて、焚き火でスキレット料理をしたり、焚き火もしました。

 

近頃はソロキャンプにいく機会が増え、お一人様焼肉に舌鼓をする時間が至福の時になりつつある。

 

こじんまりと肉を2枚ずつそっと網に置き焼く。一気に6枚とか焼いてしまうと、一瞬で焼肉タイムは終わってしまう。

 

キャンプに来たなら少しずつ肉を焼くという無駄な時間を過ごす。それってキャンプだからできるんですよね。

 

ファミリーならちょい大きいBBQコンロが使える。が、ソロキャンプで使うには、デカイしなんか生活感があるような気も、、、

 

そこでブッシュクラフト焚き火台の出番です。

 

ブッシュクラフト焚き火台の男前ギアを手に取ってみてはどうだろうか。五徳と専用のケースも付いているので、あとは肉を焼くだけです。

 

キャンプに来たなら無駄に時間を使う。それってキャンプだからできるんですよね。

Amazonでさがす

 

※ここで少し宣伝です

モナコテブログではキャンプを中心とした記事を掲載しており、キャンプで使った道具の感想も記事にしています。

>>モナコテのcamp blogはコチラ

ぜひ、ほかのキャンプ記事も覗いてみて下さい。

【最新版】キャンプ道具をカテゴリー別に紹介!キャンプロードマップ

続きを見る

今回は以上です。では、いいキャンプライフを!

-キャンプ道具

© 2021 monakote.blog Powered by AFFINGER5