CAMP

【絶対に損しない!】ポータブルバッテリーならjackeryでOK

ポータブルバッテリーってどうなの?

重たいって聞くしなぁ、、、

 

こんな疑問について答えていきます。

 

先日、キャンプに行ってきました。

僕はたまにキャンプへ現実逃避しに逃げます。テントからは出てこないので何をしているんでしょうか?
ポータブルバッテリーを持ち込み引き続き作業していることもあります。これは便利だと思う。

 

この記事を読んでいる人は下記の状況でしょうか。どうでしょう。

  • どのポータブルバッテリーがいいのか分からない
  • キャンプでどれくらい使えるのか知りたい

このような状況ならきっとこの記事が参考になるはずです。結論から書きます。

 

結論、jackeryのポータブルバッテリーで十分です。

 

 

上記の内容で解説していきます。

 

jackery(ジャクリ)について

Jackery ブランドは、創立メンバーにAppleの元バッテリーエンジニアが加わり、2012年米国シリコンバレーにてJackery Incとして設立。

「Jackery」の語源は「Jacket」と「Battery」を組み合わせたもので、「まるで身に着けるように、バッテリーを簡単に使えるようにしたい」という思いが由来となって名付けられました。

2015年:リチウムポータブル電源を開発

2019年:日本法人 株式会社Jackery Japanを設立

同年にはJVCケンウッド社と戦略的パートナーとしてさらなる飛躍を遂げました。

現在では各ECモールに加えて公式オンラインストアでの販売も行っており、冒険家にエコなアウトドア用の電源ソリューションであるポータブル電源、ソーラパネルの普及に尽力している。

>>jackeryホームページはコチラ

信頼性の高い企業ですね。

 

1.ジャクリの軽くて持ち運べるタイプ

こちらは『ジャクリポータブルバッテリー240』です。

 

ポータブルバッテリーの容量によるけれど、ジャクリー(jackery)240なら、片手でヒョイっと持ち運べます。容量によって重さが変わります。

 

■ポータブルバッテリーの容量について

バッテリー容量が1000Whなら重量が約10kg、、、重たい

十分過ぎる容量は気軽に持ち運べない点がデメリット。

 

しかし、、、

 

ジャクリポータブルバッテリー240Whなら3kgで軽い!全てのポータブルバッテリーが重たいわけじゃなく容量によって重量が変わります。ジャクリ(jackery)240ならビジネスバッグよりぜんぜん小さいし軽い。

 

私は、いつもキャンプに持っていきますが、

 

重たいし邪魔だなぁ

なんか持っていくのめんどう、、、

 

なんてストレスとは無縁です。

 

2.ジャクリポータブルバッテリー240を選んだ理由

キャンプで充電したいものは下記のとおり。

  • スマホ
  • タブレット
  • カメラ
  • Go pro
  • ドローン
  • USB充電タイプLEDライト
  • アイコス
  • 扇風機

このあたりが充電したいガジェットかと。

 

『ジャクリポータブルバッテリー240』なら、ガジェット類の充電を忘れても、キャンプ場で充電ができます。キャンプの準備の時短になりますし、友達のスマホも充電できちゃいます。

 

ポータブルバッテリーの使用目的を決めていれば、容量の選択で悩むこともありません。

 

ポータブルバッテリーになにを求めるか

ポータブルバッテリーになにをどこまで求めますか。

 

ホットカーペットは使えるの?

ドライヤーは使えるの?

 

とは言え、そこまで必要でしょうか。コテージ泊なら使えますが、野外のキャンプに行くなら不便さを楽しみながら過ごすのもありです。

 

ガジェット類が充電できれば、それだけでもストレスなくキャンプを楽しむことができます。以上が『ジャクリポータブルバッテリー240』を選んだ理由です。


3.キャンプでジャクリ240を使ってみた

持ち運びにはハンドルをしっかりと握れるので重く感じない。ポータブルバッテリーであっても軽さは重要です。

 

充電してみたら

スマホ、Go pro、ドローン、USB充電タイプLEDライト、アイコス、扇風機をキャンプで充電しましたが、1日充電しまくっても、バッテリー残量は50%を切ることなく、残量を気にすることがありませんでした。

キャンプ前日、ジャクリポータブルバッテリー240をフル充電しておけば、ガジェット類のバッテリー残量を気にする必要がありません。

  • モニターはバックライトが光るので数値が見やすい
  • コンセント1口、USBポート2口、シガーソケット1口

これだけあれば同時に充電することもできます。やるべきことは、ジャクリポータブルバッテリー240をフル充電するだけです。

 

4.ジャクリポータブルバッテリー240のスペックと気になったこと

スペック紹介

 

パッケージ内容

·ポータブル電源240本体

·ACアダプター

·車載用充電シガーソケット

·ケーブル類収納ポーチ

·取扱説明書(日本語)

 

見た目は写真のとおり、バッテリーの口コミも高評価ばかりです。

 

■公式サイトの口コミ評価

倉敷市50代のおっさん

この商品をオススメします
2022/04/07

災害時の持出用として購入→素晴らしい。

購入後1ヶ月経過しても自然放電ゼロ。試しに災害用Panasonic炊飯器(1.5合炊き200W)を使ってみました。途中202Wとか203Wになるけど、本体は熱くならず使えた。 また4月の快晴でソーラー充電したら、50%から99%まで3時間45分で出来ました。ちなみに100%になかなか達しないのでやめました。

Anonymous

この商品をオススメします
2022/04/05

持っているだけで安心感があります。

セール時に購入できました。到着も翌々日でした。 購入後、地震が多発しているので、持っているだけで安心感があります。

Anonymous

この商品をオススメします
2022/03/30

✅セットで日常使い

災害用にと思いましたが楽しくって日常使い。我が家のガジェットは太陽のお世話になっております。もっと大容量のものも欲しくなってしまいます。

Jackery Japan Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セット 240 Review

 

jackery公式サイトからの口コミ評価もいいです。

Jackery ポータブル電源 240 PTB021

>>ベストセラー ジャクリ240はコチラ

 

5.jackery240まとめ

ジャクリポータブルバッテリー240の使い方を紹介してきました。ポータブルバッテリーは使う用途によってバッテリー容量を選択しましょう。私の場合は、ガジェット類の充電が中心ですが、わりと助かっています。

 

こんなことが!

寒い時期って、バッテリーの消費がめっちゃ早いです。とくに、『go pro』のバッテリーは寒さに弱い。気づけばバッテリー切れなんて経験もあります。そんなときも、ジャクリ240で『go pro』を充電して動画撮影を続行できました。

 

バッテリー残量を気にせずキャンプを楽しみたかったのでジャクリポータブルバッテリー240を購入しました。

 

ジャクリ240の実績と信頼はかなり高いです。240Whの持ち運びにいいサイズ感なポータブルバッテリーは他のメーカーにはありません。バッテリー容量が700Whなんてキャンプで使うにはオーバースペックすぎます。非常用に買うなら1000Wh以上をおすすめします。家族4人なら1000Whあれば、1週間くらいは電気に困りません。

 

✅しかし、求めているのはそうじゃない。

 

キャンプで使えるポータブルバッテリーなら『jackery240』でOKです。

 

Amazonでさがす

 

お知らせです

モナコテブログではキャンプを中心とした記事を掲載中!キャンプで使って感じたいい点や気になった点を合わせて記事にしています。

>>モナコテのキャンプブログはコチラ

ぜひ、他のキャンプ記事も覗いてみて下さい。

【オレゴニアン レビュー】実体験!キッチンペーパーホルダー使い方

続きを見る

【今年も爆売!おにやんま君】結局、虫除け効果は本当にあるのか⁉︎

続きを見る

 

今回は以上です。では良いキャンプライフを!

-CAMP
-, ,

© 2022 monakote.blog Powered by AFFINGER5