NFT

【スマホだけでOK!】OpenSeaの設定とNFTを販売する方法

スマホだけでもOpenSeaでNFTを制作できるのか

出来ることなら販売方法を知りたい

 

今回はこんな悩みに答えていきます。

 

スマホでOpenSeaからNFTを制作しました

驚いた!スマホだけでもOpenSeaでNFTを制作できるんですね。テストなので写真画像を使いましたが、Appアプリをインストールしメタマスク接続→createから普通にNFT制作完了。SELLボタンもあるし、販売までスマホだけでできます😊

 

いきなりですが「質問」があります。下記に状況でしょうか?どうでしょう。

  • スマホでOpenSeaからNFTを制作できるのか
  • スマホでNFTの販売はできるのか

このような状況なら私と同じです。仮想通貨口座はあるものの、NFTってなにから始めればいいのか分からず悩みまくりでした。

 

実は、この記事で紹介する「スマホだけでOK!OpenSeaの設定とNFTを販売する方法」を実践すると誰でも簡単にNFTの販売をすることができます。

 

なぜなら、私も実際に実践して、スマホだけでOpenSeaでNFTを販売することができたからです。

 

この記事では、前半でOpenSeaの設定方法を紹介し、後半では具体的なNFTを販売する5つのステップに分けて紹介します。

 

記事を読み終えると、今後NFTの制作と販売について悩むことは一切なく、簡単にスマホをだけでOpenSeaからNFTを販売することができます。

 

NFTを販売するには『仮想通貨のイーサリアム』が必要です。イーサリアム(ETH)は仮想通貨取所bitbank で購入できます。bitbank は手数料が安くセキュリティー面がしっかりしており、ハッキングの問題もこれまでありません。アプリが使いやすくサポートもしてくれるのでおすすめです。

 

仮想通貨取引所ならbitbankで口座開設

\\bitbankがおすすめな理由//

  1. セキュリティーがしっかりしておりハッキング問題がない!
  2. イーサリアムの購入には手数料が安いbitbankがおすすめ!
  3. お問い合わせのサポートセンターがあり安心して使える!
【仮想通貨の始め方】bitbankで口座開設する方法を紹介

続きを見る

bitbank口座開設はこちら(無料)

 

 

上記の内容で解説していきますね。

 

1.スマホからOpenSeaを利用してNFT化できるのか

 

はい。スマホからNFT化できます。OpenSeaというプラットフォームを利用して、制作した作品をNFT化し販売することができます。OpenSeaは世界中のユーザーがNFTを売買できるプラットフォーム。好きな作品や応援したいプロジェクトのNFTを集めて楽しむことができるのです。

 

OpenSeaのアプリをインストールしメタマスクと接続すれば、OpenSeaのプラットフォームが利用できます。具体的な手順を画像たっぷりで紹介します。とはいえ、そこまで難しくなく30分もあればOpenSeaの設定は完了します。

 

OpenSeaをインストールする

 

はじめに、OpenSeaのプラットフォームをスマホにインストールします。画像たっぷりで解説していきますので、手順通りにスマホを操作するだけです。ではさっそく始めていきましょう。

 

 

App Storeから『OpenSea』アプリをインストールします。アプリ版OpenSeaのリンクはOpenSea公式サイトからインストールしてください。

App Storeはこちら>>

 

 

上の通知が表示されるのでの『許可』をタップします。

 

 

つぎに画面下の『Continue』をタップします。

 

 

ホーム画像右下の『More』をタップします。

 

 

ウォレットの選択で『メタマスク』をタップします。メタマスクの作成方法はメタマスクを作成する方法【結論】Chromeからインストール!の記事からどうぞ。

【絶対に失敗しない】メタマスクのウォレット作り方と4つのポイントを紹介

続きを見る

 

さらに進めていきますね。

 

 

画面右下に『接続』ボタンが表示されるのでタップします。

 

 

すると、自分のOpenSeaサイトに接続されます。次に画像右下の『More』をタップします。

 

 

画面上の『About』をタップします。

 

 

続けて『Read more』をタップします。

 

 

画面右上の『』をタップします。

 

 

画面下の『Connect wallet』をタップします。

 

 

ウォレットの『メタマスク』をタップします。

 

 

OpenSeaホーム画像の『Create』をタップします。

 

 

この枠内にNFTとして販売したい画像を貼り付けます。はじめてNFT化したいなら、スマホで撮影した写真もOKです。もちろんドット絵で制作した作品もNFT化できます。ドット絵は【8bitPainter無料アプリ】NFTをアプリで作る方法で詳しく紹介しています。

 

もっと詳しく知りたい方へ

まったくの初心者でも分かる詳しい設定方法は【初心者向け】OpenSeaでNFTを販売する方法をわかりやすく解説でも紹介しています。興味ある方は参考にしてくださいね。

 

2.スマホだけNFTを販売できるのか?

 

はい。スマホだけNFTを販売できます。目次1で制作したNFTを実際に販売しましょう。販売方法を5つのステップで解説していきます。

 

NFTを販売する5つのステップ

制作した作品を販売していきます。とても簡単に販売できますが、はじめの1回目だけ販売手数料が2,000円ほどかかります。しかし、2回目以降は無料でいくつでも販売できますよ。

初めてNFTを販売するときだけ手数料がかかるんだね!

 

ステップ1

 

目次1で制作したNFTがホーム画面下の『Profile』に表示されています。販売したいNFTをタップします。

 

ステップ2

 

つぎに画面右下の『Sell』をタップします。

 

ステップ3

 

画面に『Duration』が表示されます。販売期間を選択して下さい。期間の指定は自由ですが、今回は『3days』を選択しタップします。

 

ステップ4

 

つぎに画面下の『Complete listing』をタップします。

 

ステップ5

 

画面右下にメタマスクの『署名』が表示されます。内容に間違いなければタップします。

 

販売完了

 

これにてNFTの販売が完了しました。Profileで確認してみましょう。画面下の『View Item』をタップします。

 

 

price 0.005ETH 3days 』となっていますね。あとは購入されることを祈るだけです。

 

本記事に掲載されているNFT紹介

上記のとおり。何ごとも全て経験してみることです。

 

3.まとめ

スマホだけでOpenSeaからNFTを簡単に販売する方法を紹介してきました。ここまでを一度まとめていきます。

まとめ

  • スマホからOpenSeaを利用してNFT化できる
  • スマホでNFTを販売できる

この2つだけ実践すれば、NFTをかんたんに制作し販売することができます。繰り返しになりますが、ドット絵や写真をNFTにすることは難しいことではありません。やり方を「知っている」と「やっている」では雲泥の差があります。

 

NFTの売り手・買い手の気持ちが理解できることで、NFTにより興味をもち価値ある作品を見抜くことにも繋がります。つまり、NFTで稼ぐことができるのです。

 

NFTを販売するには『仮想通貨のイーサリアム』が必要です。イーサリアム(ETH)は仮想通貨取引所bitbank で購入できます。bitbank は手数料が安くセキュリティー面がしっかりしており、ハッキングの問題もこれまでありません。アプリが使いやすくサポートもしてくれるのでおすすめです。

 

仮想通貨取引所ならbitbankで口座開設

\\bitbankがおすすめな理由//

  1. セキュリティーがしっかりしておりハッキング問題がない!
  2. イーサリアムの購入には手数料が安いbitbankがおすすめ!
  3. お問い合わせのサポートセンターがあり安心して使える!
【仮想通貨の始め方】bitbankで口座開設する方法を紹介

続きを見る

bitbank口座開設はこちら(無料)

今回は以上です。NFTライフを楽しみましょう。

 

-NFT
-, , , ,

© 2022 monakote.blog Powered by AFFINGER5