life

あなたがブログ書けない理由は『プロ意識がないから』です

ブログが書けない、、、記事ネタもないし、時間もない。

ブログを更新しても読者も少ないし、、、自分はダメだ。

ブログやってても意味ないかな。

 

今回はこんな悩みに答えていきます。

 

本記事の内容

  • あなたがブログを書けない理由は『プロ意識がないから』
  • ブログを書けない人の解決策 答えはブログを書く
  • ブログを続けるシンプルな方法 優先度を上げる

まずはいろいろ考えないで、ブログを書き続けることです。

 

ただブログを書いても読者が急に増えるわけではありません。

 

キーボードに向かうことから始めましょう。

 あなたがブログを書けない理由は『プロ意識』がないから

いきなりプロ意識って言われも、、、って思うかもですが、プロ意識があるとブログは書けます。

 

当たり前ですが、プロなら毎日文章を書きます。「文書を書いて」と言われて、「その、、、いまネタ切れなんですよ・・・」とか言わないですよね。

 

当たり前ですが、プロだったら毎日文章を書きますよね。

 

つまり、気持ちの持ちようが大切で、『自分はプロなんだ。だから書けないとか言わず、書くべきだ』って自分を洗脳するだけです。

 

ネタ・時間・めんどい?ってか、プロなら書き続けよう。

 

文章を書くにあたり、"すごい人"になる必要ない

 

ネットを見ているとすごい人が多すぎませんか。

 

個人で毎月何百万円も稼ぐ人がそこら中にいるし、投資家だと資金が桁違い、、、そんな人が文章を書くと説得力があります。

 

なぜなら、経験と実績に裏付けられた文章だからです。

 

では、文章を書く人がみんな"すごい人"であるべきかというと、そうじゃない。

 

結論としては、『3年前の自分』に書けばいいかと思います。3年前の自分からしたら、今の自分は少しくらいすごい人になっていますよね。

 

経験も増えたし、たぶん収入も増えたし、知識も増えたはず。 

 

その知識を3年前の自分に届けましょう。

 ブログが書けない人の解決策、それはブログを書くことです

ブログが書けない人の解決策、それはブログを書くこと。

 

ブログを書くにはプロ意識が大切で、読者は3年前の自分という話をしました。

 

では具体的にブログを書くにはどうしたらいいのか?その解答は、”ブログを書くこと”です。

 

やる気スイッチなんてありません。あるとすれば、それはキーボードです。

才能なんてありません。あるとすれば、それは継続する強い意志です。

文章術とか読んでてもダメです。

 

ブログが書けない場合において、ではブログを書くための最適解は、”ブログを書く”ことです。

 

文章術とか読んでいてもダメです。3冊くらい読んでみても、それ以上はあまり意味がありません。

 

ブログにおいて言うと、~は、~を、しかし、、、とかはどうでも良いです。

 

ブログには筆者の顔が出ていることが多いので、自分の言葉で書けばOK。

 

綺麗な日本語を意識しすぎると逆に読みづらくなる。なので、自分の文章を書けば良いのです。

 

それでも本を読みたい・・・?

 

それでも本が読みたいならテクニック本は避けましょう。テクニック本はほんと1冊で十分です。

 

じゃあなにがいいのか?なら、小説がオススメ。

ブログを続けるシンプルな方法、優先度を上げましょう

ここでポイントをまとめてみます。

ポイント

  • ブログを書くにはプロ意識が大切
  • ”すごい人”じゃなくてもブログは書ける。読者は3年前の自分です
  • ブログが書けないなら、その解決策はブログを書くこと。
  • 書けないから、文章テクニックを学ぶ? それは負のループです

これでブログを書けるようになるけれど、最後に継続のコツも書いておきます。

ブログ継続のコツは『優先度を上げる』こと

 

シンプルに、仕事から帰ってきて初めにやることをブログにするだけ。

 

ブログを1時間だけでも積み上げる。毎日少しずつ書くだけでもシンプルな習慣になりますよ。

 

たぶんこれからもずっとブログを続けるだろうと思います。

 

もはや生活の一部になりつつあるので、やめない限りライティングマシーンとして書き続けます。これが習慣の力です。なんと素晴らしい。
>>ConoHa WINGの紹介はコチラ

まとめ:『ブログが書けない』はあり得ない話

 

まとめ

  • ブログを書くにはプロ意識がないからです
  • ”すごい人”じゃなくでもブログは書ける。読者は3年前の自分です
  • ブログが書けないなら、その解決策はブログを書くこと。
  • 書けないから、文章テクニックを学ぶ? それは負のループです
  • 仕事から帰って最初にやることはブログ、これで継続できます

こんな感じですね。

 

とここまで文章を書いてきました。(だいたい30分くらい)ブログ書く僕でも毎日更新ではないですし、なにも思い浮かばない事もあったりします。

 

そんな時な助けてもらった本をご紹介して終わりとします。

 

人を操る禁断の文章術

ライティングスランプから救ってくれた本。

プロにとっては文章は道具でしかなく、アマチュアにとっては「個性が現れる表現方法」だと考えてしまう。

ライティングとは自分を晒すことだという筆者の価値観にも共感しました。

10倍売れるWebコピーライティング

バズ部が著者で、インターネットで物を売るためのエッセンスを凝縮。誰にでも実践できるような形に落とし込まれている。ワークシートもついており、今すぐ売りたい」所y品を思い浮かべながら実践あるのみです。

>>ブログの基本的な書き方はコチラ

今回はここまでです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-life

© 2021 monakote.blog Powered by AFFINGER5